夏樹久視
著者のコラム一覧
夏樹久視作家

1947年東京生まれ。週刊誌アンカー、紀行作家、料理評論家などを経て推理作家に。別名で執筆の多くの作品が話題を呼びTVドラマ化。母親の認知症を機に、65歳でヘルパー2級の資格を取得、約5年間、デイサービスでの就業を経験する。紀行文、料理本、ミステリーなど著書多数。日本推理作家協会員。

母親が「オレオレ詐欺」に200万円だまし取られた!

公開日: 更新日:

 10年ほど前の春、千葉県で一人暮らしをしている87歳の母親が、妙な電話をかけてきた。

「久雄はどうしている」

 三男のことだが、これまでそんな電話はなかったので不審に思った。

「いつものように銀行に勤めているはずだ」

「それならいいけれど」

 電話を切ってから、久雄に電話を入れると、当然のように勤務先の銀行にいた。折り返し、母親にかけた。

「久雄は元気で、変わりはなかった」

「久雄、お金が必要じゃなかったの」

「あいつは銀行員だし。とくに金が必要なことはない」

「そうかい」

 すぐに駆け付けたが手遅れだった。「オレオレ詐欺」に引っかかっていたのだ。母親いわく「株式投資に失敗、その損金をすぐに返さないと、殺される」と電話があったという。そこで、コツコツと貯めた200万円を、銀行から送金した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る