夏樹久視
著者のコラム一覧
夏樹久視作家

1947年東京生まれ。週刊誌アンカー、紀行作家、料理評論家などを経て推理作家に。別名で執筆の多くの作品が話題を呼びTVドラマ化。母親の認知症を機に、65歳でヘルパー2級の資格を取得、約5年間、デイサービスでの就業を経験する。紀行文、料理本、ミステリーなど著書多数。日本推理作家協会員。

老人1人分用に天ぷら10点を買ったデイサービスの従業員

公開日: 更新日:

 デイサービス施設従業員の中には、「???」と感じてしまう言動の人が少なくない。利用者のお年寄りではなく、従業員の話だ。だが、いちいち目くじらを立てていたら、ここでは働けない。

 山野さんは37歳で独身、正社員だ。世の中の常識がほとんど通じない。なぜ採用されたのか、誰もが不思議がる。前職を聞くと、「穴掘り」と答える。人は悪くない。気持ちは優しく、ずる賢さもない。だから失敗しても、誰もがあきれることはあっても、叱れない。

 大好物はラーメンとギョーザで「それに大盛りライスがあれば何もいらない」という。ほかはカレーライス、オムライス、かつライス、ハンバーグとお子さまメニューばかり。

 僕が働く施設では、認知症予防の一環でさまざまな脳トレのプログラムを用意している。その一つが、従業員と一緒に楽しむ、調理プログラム。脳、手指を使っての調理で老化を防ぐ狙いだ。担当者は持ち回りだから、山野さんにも回ってくる。次回の料理選びの会議が始まり、山野さんが発言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る