御蒲焼所 鰻家(東京・石川台)高級羽毛布団のようにふっくらで肉厚

公開日: 更新日:

 ワイワイ騒げない、生ビールも飲めない「緊急事態宣言」が続く。サラリーマンはどうしたらいいの。こうなったら、普段はかなわない、ちょっぴり贅沢なウマいものをひとりで平らげてウサを晴らすしかないだろう。

 グルメ通の間で定評のある雑誌「おとなの週末」の協力を得て、探しました。お届けします。1回目は、猛暑をぶっ飛ばすうなぎだ!

 ◇  ◇  ◇

 この仕事をしていると、やっと見つけたウマい店からの取材拒否に、枕を濡らすことも少なくない。

 だから、あまりメディアに露出しないこの店が快諾してくれたときは心底うれしかった。

注文を受けてから焼く

 ご覧ください。まるで高級羽毛布団のようにふっくら横たわる肉厚のうなぎを。さっきまで生きていたもので、注文を受けてから捌く調理工程を一気にこなすのがこの道50年の店主・安彦さんだ。

「素焼きで何度も返して小骨をやわらかくし、ふわぁと仕上がるよう心掛けています」

 頬張ればとろけ出すような身と張りのある米が絡み合いながら腹を満たしていく。

 ああ、気分もうなぎ上り。これぞ活力みなぎる元気飯だ。

【うなぎ重 竹 3500円】
 捌きたて、蒸したて、焼きたてのうなぎはふんわりして口いっぱいにウマ味が広がる。提供に40分ほどかかるので事前に必ず予約を。米はうなぎに合うと女将さんが選んだ富山のコシヒカリ。タレは砂糖不使用であっさり。

(取材・肥田木奈々)

(住)東京都大田区石川町2―29―6
℡03・3726・0838

(営)11時半~13時半(13時LO)、17~20時(19時LO)。
火曜休み(祝日の場合は営業)
※営業時間などは店舗に確認を
全16席、全席禁煙
東急池上線石川台駅から徒歩5分

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る