「スカイスパYOKOHAMA」癒やしがテーマのフィンランド式ドライサウナ

公開日: 更新日:

 今回は、おんせん県別府市出身のフリーアナウンサー・菊池智子がお届けします。

 近年、サウナ愛好家たちが急増し、「サウナー」という言葉もはやっています。サウナサイトやサウナ専門誌、サウナグッズも増えました。

 まだサウナー歴は浅いですが、これからお気に入りのスポットを紹介していこうと思います。

 記念すべき1回目は横浜駅直結の「スカイスパYOKOHAMA」さん。高層階にあるスパの大きな窓からは、みなとみらいを眺望でき、クルマの流れを眼下に眺める開放感。ずっと見ていても飽きません。

 癒やしがテーマのこちらの「フィンランド式ドライサウナ」は、室温はおよそ80度(ちなみに男性用は、フィンランド人が好むといわれる90度前後)。非日常を味わえるこだわりの空間で、テレビは置かず、照明の明かりは季節によって変わります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る