6人死傷事故の運転手は健診異常ナシで脳卒中…他人事ではない「仮面高血圧」の恐怖と予防策

公開日: 更新日:

 健康管理は、どうなっていたのか。東京・千代田区で11日、個人タクシーが歩道に突っ込み、6人を死傷させた事故で、12日に亡くなった運転手の死因がくも膜下出血と判明した。死に直結する重大病のひとつで、運転手の健康管理が疑問視されるのは当然だが、周りの話から健康に異常があったとする話が聞かれないのは意外だろう。実はこのミステリー、働く人ならだれしも他人事ではない。

  ◇  ◇  ◇

 運転手は20年ほど前から都内で個人タクシーの運転手として乗務。通常は、午後3時ごろから午前2時ごろまで車を走らせていた。母親によると、持病はなく、これまで大きな事故を起こしたこともないという。

 タクシー業界では、午後10時から翌朝5時までの乗務が深夜業務とされる。労働安全衛生法で、深夜業務を1週間に1回以上または1カ月に4回以上行う人は、6カ月以内に1回、1年に2回の健康診断が義務づけられている。深夜業務をしなければ1年に1回で、深夜ドライバーはより厳しい健康管理が求められているわけだ。

 その診断項目は、①既往歴及び業務歴②自覚症状、他覚症状の有無③身長、体重、腹囲、視力・聴力④胸部X線検査、喀痰検査⑤血圧測定⑥貧血検査⑦肝機能⑧血中脂質検査⑨血糖検査⑩尿検査⑪心電図検査の11項目。サラリーマンの職場健診とほぼ同じで、運転手も今年7月の健診は異常ナシという。

診断書を「鉛筆で書いて」

 では、なぜ悲劇が起きたのか。タクシー会社やバス会社で産業医の経験がある医師はこう言う。

「会社からも運転手からも、『健康診断の結果は異常ナシと書いてくれないか』と求められることがよくありました。どちらの言い分も分からなくはありません。業界的に人手不足が激しく、会社としてドライバーの離脱は死活問題。運転手も事情は似ています。特に高齢ドライバーだと、ほかの仕事ができず、運転手を続けている人も多く、仕事を失うと収入が途絶えてしまいます。それで会社も運転手も、健康診断で『異常ナシ』を求めるのです。『何か記入するなら、鉛筆で書いてくれ』と言われたこともあります」

 この医師は、“依頼”を断ったというが、会社にも運転手にも背に腹は代えられない事情があることがうかがえる。

 国交省が今年2月に公表した「自動車運送事業用自動車事故統計年報」によると、2019年に「バス」「ハイヤー・タクシー」「トラック」が起こした重大事故は5076件。そのうち1787件が乗務員に起因するもので、「バス」は前年比60件、「トラック」は同81件減ったが、「ハイヤー・タクシー」は同9件少ない422件とほぼ横ばいだ。

 さらに、乗務員の起因事故を健康状態に限ると、「ハイヤー・タクシー」は56件と前年より10件増えている。その運転手の病名は、くも膜下出血を含む脳疾患が14人、心疾患が13人で脳と心臓の病気が目立つ。

 重大事故を起こした運転手の平均年齢は、「バス」「トラック」がどちらも40代だが、「ハイヤー・タクシー」は63歳。亡くなった運転手も享年64だ。「ハイヤー・タクシー」の平均年齢の高さが、「バス」「トラック」に比べて重大事故が減り切らない原因のひとつとみられている。

 高齢のタクシー運転手は生活がかかっているとはいえ、健康診断の結果を“操作”していいことにはならない。ましてや命を預かる仕事だ。“操作ナシ”を前提にした上で、より厳しいチェック体制が必要だろう。東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌氏(循環器専門医)が言う。

「運転中の重大事故の原因となる病気は、脳卒中と心疾患が2大因子。脳卒中のリスクを調べるには、MRAで脳の血管の状態をチェックすることが重要です。心臓に超音波を当てると、心臓の大きさや形、心臓の壁の厚さ、動き方に加え、血液の流れる速度と方向も分かります。さらに頚動脈への超音波検査で血管の狭窄の状態を推定できます。本当の体の状態を調べるなら、健康診断の項目にこれらをプラスすることが必要です」

仮面高血圧が3割前後も

 脳のMRAや心臓と頚部の超音波検査は、職場の健康診断にも含まれていない。人間ドックで企業健診を代用しているケースでも、これらはオプションなのが一般的だ。重大病の検査が健診で心もとないのは、運転手も一般のサラリーマンも同じ。それに加え、病気が隠された“異常ナシ”も実は一般サラリーマンに少なくないという。どういうことか。対策も含めて桑島氏に聞いた。

「医療機関で測定した血圧が140/90mmHg以上は高血圧と診断されます(家庭での測定は135/85以上)。この基準を下回ると正常です。しかし、ある事務系の職場に血圧計を置き、仕事の合間に血圧を測ってもらったところ、健康診断で正常血圧だった151人のうち36%の55人が高血圧の基準値を上回っていました。別の会社でも同様で、健診で正常血圧とされた267人のうち、23%の62人が高血圧。その後も調査を続けると、健診で正常でも仕事の合間に高血圧という仮面高血圧が3割前後いることが分かったのです」

 高血圧は、脳卒中や心筋梗塞のリスクのひとつ。仮面高血圧だと、そのリスクが見逃される。それでは、今回のタクシー事故が引き起こされた状況とあまり変わらない。“異常ナシ”が悲劇を起こしたミステリーが、一般のサラリーマンにも重なるゆえんだ。

「仮面高血圧の人の中には、上(収縮期)の血圧が200ということも珍しくありません。40~50の上昇はザラ。血圧のコントロールが悪い人はとにかくひどい。仮面高血圧は、治療で血圧をきちんと下げているグループに比べて3倍も脳卒中や心筋梗塞になりやすい」

■MRAで血管の状態を把握

 たとえ運転手の健康診断が異常ナシでも、仮面高血圧の可能性は否定できない。だとすれば、サラリーマンも要注意。健診を受けて仮面高血圧の人も、健診をサボっている人も今回の事故を教訓に健康管理を見直すべきだろう。

 では、どうするか。

「自宅に血圧計を用意して、朝と夜の1日2回、血圧を測るようにするのが一つ。朝は起床後30分~1時間以内で、夜は食事や入浴の前です。可能なら、職場でも相談して血圧計を買ってもらい、時々、測るといいでしょう。血圧は、ストレスや食事、運動などの影響で上下に変動するので、一日の変動幅を知ることです。その振れ幅が大きい人は、その幅を少しずつ小さくするように生活改善が欠かせません。毎日30分のウオーキングと減塩が基本。太っている人は減量も必要です」

 その改善策に加え、前述の検査。中でも脳のMRA検査が重要だ。

「心筋梗塞や脳梗塞、脳出血は動脈硬化がベースなのですが、くも膜下出血は脳の動脈の瘤が大きな原因。これを見つけるには、血管の状態を調べるMRAが不可欠なのです」

 仕事のストレスで命を左右するようなピンチに遭わないためには、これくらいのことを頭に入れておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  2. 2
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    もうサラリーマンでは手が届かない? 最新メルセデス・ベンツCクラスは、かなりお高い

    もうサラリーマンでは手が届かない? 最新メルセデス・ベンツCクラスは、かなりお高い

  5. 5
    自民候補が連呼「立憲が政権握れば日米同盟終わる」はフェイク! 識者も「根本的に間違い」と指摘

    自民候補が連呼「立憲が政権握れば日米同盟終わる」はフェイク! 識者も「根本的に間違い」と指摘

もっと見る

  1. 6
    自民・岸田派候補は衆院選でまさかの半分落選も…15人が野党候補と大接戦、閣僚経験者も劣勢

    自民・岸田派候補は衆院選でまさかの半分落選も…15人が野党候補と大接戦、閣僚経験者も劣勢

  2. 7
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 8
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 9
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 10
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に