コロナ禍で深刻な風評被害に見舞われ…「大阪コロナホテル」のその後

公開日: 更新日:

大阪コロナホテル(1970年開業)

 新型コロナウイルスが日本に上陸して1年8カ月。外出時のマスクは常識となり、一方、飲食店、レジャー産業は閑古鳥が鳴きっぱなしだ。観光業も依然としてツンドラ状態。中でも、大阪のビジネスホテル「大阪コロナホテル」は、大きな風評被害にさらされ話題になったものだ。その後を取材した。

 ◇  ◇  ◇

「新型コロナ前は宿泊稼働率は9割前後あったんです。ところが昨年2月に国内で広がり始めるや、連日キャンセルばかり。予約も入らなくなり、一気に2割ほどに落ち込んでしまいました。その後、やや持ち直したものの、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されるたびに、またドーンと落ち込み、そして這い上がって、の繰り返し。まさに山あり谷ありでした」

 こう振り返るのは、昨年1月から同ホテルのSNSを管理している広報チーフの藤井康平さんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!