年金がマイナーチェンジ「71歳で死んでしまったらもらい損?」の疑問に特定社労士が答える

公開日: 更新日:

 来年4月から年金制度がマイナーチェンジする。全部を覚える必要はないが、「繰り下げ上限年齢の75歳引き上げ」と「繰り上げ減額率が0.5%から0.4%に下がる」ぐらいは押さえておきたい。自分がいつ受給を始めるのかの計算のもととなる。

 ◇  ◇  ◇ 

 先日(9月22日付)の紙面では、独身なら70歳からの受給開始が最も金額的にメリットがあるという説明をした(85歳まで生きる前提)。

 老後の年金は65歳から受けるのが基本だが、本人が希望すれば「60歳から70歳」までの範囲で1カ月単位で選ぶことができる。この上限が来年4月から「75歳」にまで引き上げられる。

 年金は1カ月受け取りを遅らせるごとに、「0.7%」ずつ加算され、早めるごとに「0.4%」(現行0.5%)ずつ減額される。つまり、70歳開始なら42%増、75歳開始で84%増となる。逆に60歳からもらうと24%の減額になってしまう。

 もう少し分かりやすく説明するため厚生年金の平均月額14万6145円(今年3月)を例に取ってみると、70歳開始なら1カ月の受給額は約20.7万円に増え、75歳なら26.9万円となる。

 もちろん、老後プランは各自まちまち。就業状況によっては65歳まで待てない人もいる。

 さらに、これまでの自民党政権下での年金政策が悪すぎたため、今後の年金の行方に疑心暗鬼になっている人もいるだろうが、繰り下げ時の加算率の多さを考えてみたら、やはり収入のアテがあって体が元気なうちは繰り下げた方がいいことになる。

 とはいえ、「70歳受給の人が71歳で死んだらもらい損になるのではないか?」といった読者からの指摘があった。夫婦なら主たる家計の夫が亡くなれば遺族年金になるが、これが独身なら「取りっぱぐれてしまう」という心配も分かる。

最大5年分「一時金」として一括請求できる

 確かに不慮の事故などで急死してしまうとその通りの損になるが、年金には「一時金」という制度がある。

「年金を受け取る手続きをしていない場合、65歳以降の分は、最大5年分まで一括で請求できる『一時金』の制度があります。70歳まで繰り下げていたが、がん告知を受けたり、家のリフォームなど急な物入りがあったなど理由は問いません。70歳時点で5年分を一時金で受け取った場合、5年前にさかのぼって65歳受給開始となりますので、加算分(42%)の権利は消滅します」(特定社会保険労務士の稲毛由佳氏)

 先ほどの厚生年金の平均月額14.6万円で計算すると、5年分で877万円が受け取れることになる。また、国民年金(平均月額6万5070円)なら390万円、厚生年金のモデル夫婦(平均月額22万496円)は約1320万円だ。

 70歳以降の一時金請求については、法改正によって繰り下げの権利も消滅しなくなる。例えば、72歳で5年分を一時金で請求した場合、65歳から67歳までの加算分(16.8%)はしっかり権利として残る(=図参照)。

「伝家の宝刀」が抜けるのは1回だけ

「もっとも、この伝家の宝刀は1回だけしか使えません。年金請求書で『決定請求』を行った時点で、受給スタートが正式決定します。年金請求書は支給開始年齢の3カ月前に日本年金機構から本人宛てに送られてきますので、まだ受け取らないというのであればスルーすればいいだけ。『年金はむずかしくてよく分からん』と繰り下げするかどうか迷っているという人は、とりあえず1年スルーしてみてはいかがでしょうか。急な物入りがなければそのままにし、お金が必要になったらその1年分を一時金で請求すればいいのです」(前出の稲毛氏)

 もうお分かりいただけただろうか。「71歳で死んだらもらい損になる」というのは、不慮の死でもなければあまり考えなくてもいいことになるのだ。年金は自動的に65歳になったら支払われるわけではないので、受け取りたくなったら年金事務所または街角の年金相談センターで手続きを行う。国民年金の手続きは市区町村役場の国民年金窓口だ。決定請求をスルーすると、年金のシステム上は「請求をし忘れている」ということになる。5年の時効消滅までなら取り返せるという理屈だ。現実的にはあまりいないだろうが、80歳を越えて請求した場合は、さかのぼれるのは75歳までなので、その分は時効消滅してしまう。

 ただし、稲毛氏が説明するように1回こっきりの請求のため、70歳で3年分、71歳で2年分といった使い方はできない。さらに65歳以前の分は請求できないので注意したい。67歳で過去5年分といった請求はできず、この場合はあくまで2年分のみだ。

■国民年金「前納割引制度」で1万6000円節約

 一方、国民年金の受給者は、主に会社員や公務員が加入する厚生年金と比べ、将来受け取る金額が少ない。そこで少しでも納付する金額を節約したいところ。現在、国民年金には「前納割引制度」というものがある。通常1万6610円の掛け金が、6カ月前納で9万8530円(約1.1%引き)、1年前納で19万5140円(約2%引き)、2年前納なら38万2550円(約4%引き)になる。割引率は小さいとはいえ、2年前納なら約1万6000円の節約になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか