児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

尹錫悦政権は女性を敵に回しレームダック化…注目は8.15「光復節」での演説

公開日: 更新日:

 韓国史上まれに見る大接戦だった大統領選。それは“男と女の戦争”のようにも見えた。

 自らを“フェミニスト大統領”と呼んでいた文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は女性からの支持が高かった。ところが野党候補として出馬し僅差で勝利した尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、女性の社会進出を後押しする「女性家族省」の廃止や、徴兵された男性兵士の給与の大幅引き上げを公約に掲げていた。

 以前から韓国社会では20代男性を中心に「女性政策は不平等だ」という声が上がっていた。かつては兵役を終えた人に与えられていた公務員試験などでの加算点が違憲と判断されたことで、男性が被害者意識を持つようになったことも大きい。金大中(キム・デジュン)政権下で発足した「女性家族省」に対しても、「ジェンダー平等どころか逆差別だ!」と反発する若い男性が増えている。

 今年の大統領選で、そんな男性たちを味方につけたのが、「国民の力」の代表・李俊錫(イ・ジュンソク)氏だ。女性たちから支持された文前大統領に対し、37歳の李俊錫氏は若い男性の声を代弁、政権交代実現の立役者となった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも