15歳シニア猫の肩に骨肉腫の疑い セカンドオピニオンで否定した根拠

公開日: 更新日:

 ヒトも動物も年を重ねると、がんができやすくなります。ペットも高齢化していて、がんで受診される飼い主さんは少なくありません。先日、15歳のネコちゃんについて、セカンドオピニオンで次のような相談を受けました。

「肩が腫れてきて、別の動物病院を受診したところ、『骨肉腫なので、治療は断脚になります』と言われまして……」

 持参されたレントゲンや超音波などの画像、さらに細胞の悪性度を調べる病理検査の結果なども参照すると、私も骨肉腫の可能性が高いと思いました。確かにがんの可能性は高いものの、100%ではなく、気になることもあったのです。

 骨肉腫は進行が速く、骨への浸潤が進むと、激しい痛みを伴い、肩だとリンパ節から肺への転移も速いことが推察されます。それでかわいそうですが断脚で悪い流れを食い止めるのですが、このネコちゃんは痛みがまったくありませんでした。普通に走ったり、高いところにジャンプしたり。家の中をよく動いているのです。

 それが不思議で、持参された半年前のレントゲン画像も確認しました。同じ部分には骨が変性した突起物が認められましたが、半年前の方が目立ちません。この突起物ががんの“前兆”とすれば半年後のいま、肺や肝臓への転移も痛みもないことは、骨肉腫の常識からありえません。肺も肝臓もキレイなのです。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方