髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

東名あおり運転事件の被告が「俺が出るまで待っとけよ」…法廷での発言は罪になるの?

公開日: 更新日:

 2017年6月、神奈川県内の東名高速道路で家族4人の乗るワゴン車に対し、執拗にあおり運転を繰り返した末、被害者らの乗る車両を無理やり止めさせ、夫婦2人を死亡させたとして話題になった東名あおり運転事件。

 横浜地裁での懲役18年の判決に対し、被告が控訴していましたが、24年2月26日、第2審判決でも原判決が支持され、懲役18年の判決が言い渡されました。

 東名あおり運転事件は、あおり運転の厳罰化のきっかけとなった事件であり、また、事故当時まだ11歳と15歳の幼い子供たちと両親との別れを強いることになった悪質な事件でありました。さらに、被告の反省の見えない態度から、事件当時から世間の注目を集めることとなりました。

 今回の判決に対し、被告は、証言台の椅子に座り、腕を組み、時折のけぞったりしながら、およそ1時間に及んだ判決の言い渡しを聞いていましたが、判決への不満からか、退廷の際には、裁判官らに向かって「おまえら」などと言い、「俺が出るまで待っとけよ」と声を荒らげました。


 これを受けてネット上では「法廷侮辱罪」がトレンド入りするなど、大きな話題になっています。アメリカでは裁判官への暴言は「法廷侮辱罪」として、刑が加算されることがありますが、日本には「法廷侮辱罪」はありません。今回のこのような被告の発言は、裁判官への報復を示唆する「脅迫」とも取れますが、果たして罪に問われるのでしょうか。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮