猫の「肛門腺出血」は手術で縫合しない方がよく治るケースも

公開日: 更新日:

 ネコちゃんやワンちゃんがお互いのお尻をクンクンと嗅ぎ合うシーンに出くわすことがあると思います。ヒトに例えれば握手やハグのようなものでコミュニケーションの一環です。

 しかし、中には、1匹でお尻を気にするのか頻繁になめたり、床にお尻をこすりながら歩く“お尻歩き”をしたりすることもあるでしょう。そんなときは、肛門腺の分泌液がたまっているサインかもしれません。

 肛門を中心として時計の4時と8時の辺りに肛門嚢と呼ばれる袋状の組織があります。そこに強い臭いの分泌液をため、排便時に少し便に付着すると、臭いのもとになるのです。分泌液は肛門腺と呼び、嗅覚が鋭いネコちゃんやワンちゃんには、個体識別の材料になります。

 運動不足や水分不足、それぞれの体調や分泌液の性質などによって、袋にたまった分泌液をうまく排出できなくなると、その違和感から上記の症状を見せやすい。さらに便に含まれる大腸菌はじめ細菌やウイルスに感染すると、それらの増殖で化膿して皮膚が裂けて膿が出てくることもあるため、肛門腺を定期的に排出することが大切なのです。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント