著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「ひきこもりは“金の卵"」(日経BP)、「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

アース製薬「シュミテクト」vsライオン「システマ ハグキプラス」人気歯ブラシの磨き心地は?

公開日: 更新日:

歯ブラシ編

 歯ブラシは、1カ月ごとに交換した方がいいってことをご存じでしたか? 私はこの年になるまで知らずに半年に1回しか取り換えていません。

 毛先がヘッドから外にはみ出して毛先が外向きになってきたら交換時期だそうです。私は力を入れすぎてしまうので、数回で外側になっていました。左手で磨いて力の加減を弱くしたりしています。

■1カ月に150円の歯ブラシを1本交換なら年間1800円に

 歯ブラシの市場規模は約660億円で他のオーラルケアに比べると緩やかな伸びですが、1カ月に1本交換というのを周知すると市場が拡大するかもしれませんね。実行すると150円の歯ブラシで年間1800円になります。

 歯ブラシは進化していて、子供用のブラシで歯に当てると音楽が聞こえたり、磨いた箇所や時間がわかるIoT歯ブラシが登場したり、大人用にも口臭が測れるIoT歯ブラシが出ています。

 すご~く試してみたいけど、そんな高価なものは手が届かないので、今日は定番のアース製薬の「シュミテクト」とライオンの「システマハグキプラス」を比較します。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」