ドイツを歩く(上)「ベルリンの壁」崩壊から35年…平和運動の発祥地ライプチヒで中世に迷い込んだかのような錯覚に

公開日: 更新日:

 1989年11月9日──。東西冷戦の象徴である「ベルリンの壁」が崩壊した年だ。あれから35年の節目を迎えたドイツ国内はどんな雰囲気に包まれているのか。日刊ゲンダイ記者はドイツ観光局が主催するツアーに同行。現地を歩いた。

  ◇  ◇  ◇

 オーストリアやイタリア、ベルギーなどヨーロッパ各国から集まったメディア関係者に交じって向かったのは、旧東ドイツ第2の都市といわれるライプチヒ。東京から行くと、ミュンヘン経由で国内線を乗り継ぎ約15時間かかる。

 冷戦時代はソ連支配下の旧東ドイツに属していたが、古くは音楽・芸術の街、現在では商業都市としても知られる。バッハやワーグナーなど偉大な音楽家ゆかりの地だ。ちなみに、600年以上の歴史があるライプチヒ大学は、ドイツを代表する文学者ゲーテや森鴎外が学んだことでも有名だ。

 市内はバスやトラム(路面電車)などの公共交通機関が網の目状に発達しており、大体5~10分置きに運転しているため移動に不自由しない。歩道と車道の間には自転車専用レーンが敷かれ、朝の通勤時間はビュンビュンと自転車が通り過ぎる。うっかりしているとぶつかりそうになる。

「世界で最も美しい駅」のひとつといわれるライプチヒ中央駅の南西側が市の中心部に当たる。現在はライプチヒ市歴史博物館として使用されている旧市庁舎を中心に、「歩けば“歴史を発見できる”建造物が広がっている」(現地ガイド)という。15~16世紀に建てられた美しいルネサンス様式の建物が並び、中世に迷い込んだかのような錯覚に陥る。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず