1年近く経っても「X」馴染まず?再改名の可能性は…いっそ「X-Twitter」は?識者提案

公開日: 更新日:

 ツイッターが昨年7月に名称を「X」に変更してもう1年近く。「Xのポスト」という表記も見慣れてきただろうが、先日、ある音楽プロデューサーのこんなXのポストがバズっていた。

〈アメリカでTwitterをXなんて言ってるやつはいないっていう情報聞いて爆笑してる アメリカでもTwitterって呼ばれてた〉

 SNS上では〈これはまじ…みんなTwitterとしか言ってない〉〈絶対Twitter! それしかない!〉〈やっぱり私たちは正しかったんだ!〉など、“ツイッター派”の拍手喝采が起きていた。

 一方で「あくまで実感ベースですが、日本のメディアも次第に『X』だけで、『旧ツイッター』と、ご丁寧に併記しなくなってきている印象はある。日本人の方が変わり身が早いのかもしれません」(IT系編集者)なんて指摘も。

 総務省の調査などによると、日本における主要なSNSの“利用率”は「LINE」が85%と突出していて、Xと「インスタグラム」が40%台前半で拮抗している。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質