「出馬表明」焦らしまくる小池都知事 “おいしい”公務利用で事実上の選挙活動ガッツリ展開中

公開日: 更新日:

 いつまで引っ張るつもりなのか。

 任期満了に伴う東京都知事選(来月7日投開票)の告示(20日)まであと10日に迫ったが、小池知事がなかなか正式に出馬表明しない。当初、都議会開会日の先月29日に表明すると目されていたが、直前に立憲民主党蓮舫参院議員が出馬表明。「同じ土俵に乗ったとみられるのは得策ではない」(都民ファーストの会関係者)との理由で小池知事は表明を見送ったようだ。まだダンマリを続けるのか。

「次の焦点は12日の都議会最終日の本会議です。この日に表明するとなれば、11日に議院運営委員会で知事が表明するタイミングを含め、段取りを決めることになる。すると先に情報が出て、11日は『あす表明へ』と報じられ、12日も『表明した』と報じてもらえる。2日間はメディアジャックできるわけです。逆に、告示ギリギリまで引っ張ると『今日も表明しなかった』と、連日報道してもらえる。どちらもおいしい状況です」(同前)

 小池知事は、いつ表明しても注目される現職の強みをフル活用し、焦らしまくっているわけだ。

 そんな中、実は既に事実上の“選挙活動”にも着手している。

 小池知事は8日、都知事選と同日に投開票される都議補欠選挙(中野区選挙区)に出馬予定の荒木千陽元都議の決起集会に駆け付けた。荒木氏は小池知事の最側近で秘書を長年、務めてきた。この日、中野区内の会場に集まった約300人の聴衆を前に、小池知事はいつものニヤケ顔で都政での実績をアピール。その後、荒木氏は「私は、小池知事が都知事選に出られると確信している」と断言していた。さながら、選挙中に行われる支援者向けの「ミニ集会」の様相である。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる