独裁者は揃って犬がお好き? 金正恩総書記がプーチン大統領に大型猟犬を贈った意味

公開日: 更新日:

 世界で「ならず者国家」と称されている両国の急接近に世界中が注視している。

 24年ぶりに北朝鮮を訪問したロシアのプーチン大統領(71)が19日に金正恩総書記(40)と会談し、有事の際に互いの軍事支援を明記した「包括的戦略パートナーシップ条約」に署名したと報じられた。

 この署名によってロシア軍のウクライナ侵攻に及ぼす影響はどうなるのか。日本を含むアジア太平洋地域の安全保障環境に変化はあるのか。米国や中国はどう動くのか。まだまだ見えない部分が多いのだが、そんな中、SNS上で話題となっていたのが、金総書記がプーチン大統領に対し、北朝鮮の天然記念物に指定されている猟犬「豊山犬」のつがいを贈ったことだ。

 プーチン大統領は犬好きで知られ、2012年には秋田県から「秋田犬」(子犬)の寄贈を受け、ユメ(夢)と名付けている。このため、《「秋田犬」も「宝山犬」も大型犬だから飼うのは大変だろう》《一般の感覚であれば内心、「こんなデカイ犬をつがいで。エライもん、もらっちゃたな~」と困るところだろうな》《犬をもらってもな。これどんな意味があるのか》などと疑問を示す投稿がみられた。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差