キスは人生を豊かにする 幸福感もたらす脳内物質を分泌

公開日:  更新日:

 日本人のキスの回数は「週に1.31回」――。先月、サンスターが発表した「世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査」でこんなことが分かった。欧米諸国は軒並み「5回」を超える結果で、日本の少なさが際立った。だが、キスは悪いものではない。やり方によっては、人生が変わる可能性を秘めた行動なのだ。

「キスをすると、脳の視床下部にオキシトシンが分泌されます。オキシトシンは赤ちゃんが母親の乳首を吸う時、双方の皮膚刺激によって分泌される脳内物質。これで吸った子供も吸われた母親もほんわかした、癒やされた感覚を持つのです。

 男性と女性の皮膚と皮膚の触れ合い、たとえばハグする、手を握る、セックスもそうですが、こうした行動がオキシトシンを出すことが分かっています。唇は手や肩よりも敏感な感覚器官で、脳に与える影響ははるかに強烈。つまり、キスが脳にオキシトシンを出して、癒やし感とかハピネスという幸福感をもたらすといっていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る