キスは人生を豊かにする 幸福感もたらす脳内物質を分泌

公開日: 更新日:

 日本人のキスの回数は「週に1.31回」――。先月、サンスターが発表した「世界のオーラルケア・歯周病事情に関する調査」でこんなことが分かった。欧米諸国は軒並み「5回」を超える結果で、日本の少なさが際立った。だが、キスは悪いものではない。やり方によっては、人生が変わる可能性を秘めた行動なのだ。

「キスをすると、脳の視床下部にオキシトシンが分泌されます。オキシトシンは赤ちゃんが母親の乳首を吸う時、双方の皮膚刺激によって分泌される脳内物質。これで吸った子供も吸われた母親もほんわかした、癒やされた感覚を持つのです。

 男性と女性の皮膚と皮膚の触れ合い、たとえばハグする、手を握る、セックスもそうですが、こうした行動がオキシトシンを出すことが分かっています。唇は手や肩よりも敏感な感覚器官で、脳に与える影響ははるかに強烈。つまり、キスが脳にオキシトシンを出して、癒やし感とかハピネスという幸福感をもたらすといっていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る