性急な条例化にクギを刺した座長の「とりまとめ」案

公開日: 更新日:

 検討会4回目、この日最大の注目は、安念座長の「とりまとめ方針」(座長案)だった。「議論の足がかりにしてもらいたい」として座長の安念潤司・中央大大学院教授が提示した内容はこうだ。

*受動喫煙が有害であることは、疫学的には一応確立された知見といえる。必要かつ合理的な範囲で、政府が受動喫煙について何らかの規制をすることは正当化される。

*受動喫煙の害は普遍的。地域的な特性をもつとは考えにくいので、規制は中央政府が行うことが望ましい。地方自治体が罰則付き条例を制定することには、条例制定権の限界の関係で困難が多いと考えられる。罰則規定のない条例の効果はガイドラインと変わらない。

*受動喫煙と疾病との関係は示唆的とするコホート研究が多い。

*政府が個人のライフスタイルに介入することには反対。喫煙の自由は尊重されるべき。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る