性急な条例化にクギを刺した座長の「とりまとめ」案

公開日:  更新日:

 検討会4回目、この日最大の注目は、安念座長の「とりまとめ方針」(座長案)だった。「議論の足がかりにしてもらいたい」として座長の安念潤司・中央大大学院教授が提示した内容はこうだ。

*受動喫煙が有害であることは、疫学的には一応確立された知見といえる。必要かつ合理的な範囲で、政府が受動喫煙について何らかの規制をすることは正当化される。

*受動喫煙の害は普遍的。地域的な特性をもつとは考えにくいので、規制は中央政府が行うことが望ましい。地方自治体が罰則付き条例を制定することには、条例制定権の限界の関係で困難が多いと考えられる。罰則規定のない条例の効果はガイドラインと変わらない。

*受動喫煙と疾病との関係は示唆的とするコホート研究が多い。

*政府が個人のライフスタイルに介入することには反対。喫煙の自由は尊重されるべき。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る