性急な条例化にクギを刺した座長の「とりまとめ」案

公開日: 更新日:

 検討会4回目、この日最大の注目は、安念座長の「とりまとめ方針」(座長案)だった。「議論の足がかりにしてもらいたい」として座長の安念潤司・中央大大学院教授が提示した内容はこうだ。

*受動喫煙が有害であることは、疫学的には一応確立された知見といえる。必要かつ合理的な範囲で、政府が受動喫煙について何らかの規制をすることは正当化される。

*受動喫煙の害は普遍的。地域的な特性をもつとは考えにくいので、規制は中央政府が行うことが望ましい。地方自治体が罰則付き条例を制定することには、条例制定権の限界の関係で困難が多いと考えられる。罰則規定のない条例の効果はガイドラインと変わらない。

*受動喫煙と疾病との関係は示唆的とするコホート研究が多い。

*政府が個人のライフスタイルに介入することには反対。喫煙の自由は尊重されるべき。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る