キスでも感染? 「性病の基礎知識」よくある4つの勘違い

公開日:  更新日:

 暑い夏。“うっかりエッチ”の季節がやってきた。オチンチンから膿が出ていない。オシッコをしても痛みがない。我が「ムスコ」に異変なし――。はい、それは「性病に感染していない」の証しにはなりません。

「すべての性感染症において、『症状がない』イコール『感染していない』ではありません。挿入、射精をしていなくても、キスやフェラチオで感染します」

 こう言うのは、新橋の駅前で性感染症患者を専門に診ている「あおぞらクリニック」理事長の内田千秋医師。日本有数のソープ街で「宮本町中央診療所」院長として性感染症患者を30年以上診てきた尾上泰彦氏は、「感染源として多いのは風俗嬢の咽頭。菌の温床という印象がある」と話す。

 性感染症に対する認識をリセットしなければならない。よくある勘違いを紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る