キスでも感染? 「性病の基礎知識」よくある4つの勘違い

公開日:  更新日:

 暑い夏。“うっかりエッチ”の季節がやってきた。オチンチンから膿が出ていない。オシッコをしても痛みがない。我が「ムスコ」に異変なし――。はい、それは「性病に感染していない」の証しにはなりません。

「すべての性感染症において、『症状がない』イコール『感染していない』ではありません。挿入、射精をしていなくても、キスやフェラチオで感染します」

 こう言うのは、新橋の駅前で性感染症患者を専門に診ている「あおぞらクリニック」理事長の内田千秋医師。日本有数のソープ街で「宮本町中央診療所」院長として性感染症患者を30年以上診てきた尾上泰彦氏は、「感染源として多いのは風俗嬢の咽頭。菌の温床という印象がある」と話す。

 性感染症に対する認識をリセットしなければならない。よくある勘違いを紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る