• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キスでも感染? 「性病の基礎知識」よくある4つの勘違い

 暑い夏。“うっかりエッチ”の季節がやってきた。オチンチンから膿が出ていない。オシッコをしても痛みがない。我が「ムスコ」に異変なし――。はい、それは「性病に感染していない」の証しにはなりません。

「すべての性感染症において、『症状がない』イコール『感染していない』ではありません。挿入、射精をしていなくても、キスやフェラチオで感染します」

 こう言うのは、新橋の駅前で性感染症患者を専門に診ている「あおぞらクリニック」理事長の内田千秋医師。日本有数のソープ街で「宮本町中央診療所」院長として性感染症患者を30年以上診てきた尾上泰彦氏は、「感染源として多いのは風俗嬢の咽頭。菌の温床という印象がある」と話す。

 性感染症に対する認識をリセットしなければならない。よくある勘違いを紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る