キスでも感染? 「性病の基礎知識」よくある4つの勘違い

公開日: 更新日:

 暑い夏。“うっかりエッチ”の季節がやってきた。オチンチンから膿が出ていない。オシッコをしても痛みがない。我が「ムスコ」に異変なし――。はい、それは「性病に感染していない」の証しにはなりません。

「すべての性感染症において、『症状がない』イコール『感染していない』ではありません。挿入、射精をしていなくても、キスやフェラチオで感染します」

 こう言うのは、新橋の駅前で性感染症患者を専門に診ている「あおぞらクリニック」理事長の内田千秋医師。日本有数のソープ街で「宮本町中央診療所」院長として性感染症患者を30年以上診てきた尾上泰彦氏は、「感染源として多いのは風俗嬢の咽頭。菌の温床という印象がある」と話す。

 性感染症に対する認識をリセットしなければならない。よくある勘違いを紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  2. 2

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る