• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キスでも感染? 「性病の基礎知識」よくある4つの勘違い

 暑い夏。“うっかりエッチ”の季節がやってきた。オチンチンから膿が出ていない。オシッコをしても痛みがない。我が「ムスコ」に異変なし――。はい、それは「性病に感染していない」の証しにはなりません。

「すべての性感染症において、『症状がない』イコール『感染していない』ではありません。挿入、射精をしていなくても、キスやフェラチオで感染します」

 こう言うのは、新橋の駅前で性感染症患者を専門に診ている「あおぞらクリニック」理事長の内田千秋医師。日本有数のソープ街で「宮本町中央診療所」院長として性感染症患者を30年以上診てきた尾上泰彦氏は、「感染源として多いのは風俗嬢の咽頭。菌の温床という印象がある」と話す。

 性感染症に対する認識をリセットしなければならない。よくある勘違いを紹介しよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る