シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

脅威の「グレイ・デス」 ドラッグ死が米国でさらに増加か

公開日:

「オピオイド」は強く効果的な鎮痛剤として医療機関で処方されていますが、ヘロインと同じアヘン系の成分を持ち、依存性が極めて高いのが特色です。アメリカ人の200万人が処方オピオイドを乱用、または依存症になっており、年齢も人種も貧富の差も超えた流行として恐れられています。

 アメリカでのドラッグ過剰死は2000年以降、2倍以上に増えていますが、15年のドラッグ過剰摂取死5万2000件のうち、3万3000件はオピオイド系が原因でした。

 その半分は処方オピオイド、残り半分が同種のオピオイド系合成麻薬。中毒になった人はより安価で手に入りやすいヘロインに手を染め、さらにはもっと安い合成オピオイドへという道をたどっています。

 いま最も問題になっているのは、ヘロインの数十倍の強さを持つ「フェンタニル」、さらには数千倍の毒性を持ち、象のトランキライザーに使われる「カフェンタニル」もドラッグ市場に参入し、多くの人の命を奪っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る