“非整形女子”が濃厚サービス 坡州は韓国フーゾクの新名所

公開日:

 選手村では、史上最多の11万個のコンドームがタダで配られるとか。アスリートたちの体力には毎度驚くばかりだが、五輪観戦のついでの韓国フーゾク最前線も押さえておきたい。

「最近、評判なのは坡州の色街です。ソウルから北へ車で1時間ほど行った非武装地帯に近い町で、基地が多く韓国兵や米国兵の姿も見かけます。ココで遊んだ客は口をそろえて“女の子は若くて可愛い”と吹聴します。“整形女子”が少ないな~んて評価もある。相場はショートで10万ウオン(約1万円)。チップをはずめば延長もできるそうです」

 こう言うのは、韓国世情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏。非整形女子なら清楚な素人好きは大歓迎だろう。

 一時は「キス部屋」と呼ばれる、マンション店舗型の風俗が流行したはずだが……。

「5万ウオン前後で20~30分キスを楽しむ風俗です。あれは部屋の中で援助交際や売春行為が発覚して当局に摘発されたため、ソウル市内では一時より下火です。地方に広まったという情報もあります」(太刀川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る