“非整形女子”が濃厚サービス 坡州は韓国フーゾクの新名所

公開日:

 選手村では、史上最多の11万個のコンドームがタダで配られるとか。アスリートたちの体力には毎度驚くばかりだが、五輪観戦のついでの韓国フーゾク最前線も押さえておきたい。

「最近、評判なのは坡州の色街です。ソウルから北へ車で1時間ほど行った非武装地帯に近い町で、基地が多く韓国兵や米国兵の姿も見かけます。ココで遊んだ客は口をそろえて“女の子は若くて可愛い”と吹聴します。“整形女子”が少ないな~んて評価もある。相場はショートで10万ウオン(約1万円)。チップをはずめば延長もできるそうです」

 こう言うのは、韓国世情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏。非整形女子なら清楚な素人好きは大歓迎だろう。

 一時は「キス部屋」と呼ばれる、マンション店舗型の風俗が流行したはずだが……。

「5万ウオン前後で20~30分キスを楽しむ風俗です。あれは部屋の中で援助交際や売春行為が発覚して当局に摘発されたため、ソウル市内では一時より下火です。地方に広まったという情報もあります」(太刀川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る