女子大生やOLが愛人志願 短期間でも使える出会い系アプリ

公開日: 更新日:

 御年65歳の自民党の大物代議士の風俗通いを週刊文春が報じている。JR大塚駅前のラブホテルにデリヘル嬢を週2~3回呼び、「今日はどんだけの男に抱かれてきたのぉ~。悪い子ねぇ~、おしおきよぉ~」となぜかオネエ言葉になって1時間以上も“アソコ”をなめ回すのだという。

 何とも変態というか、元気というか……、つい照れ笑いしてしまうのは男の性だろう。

  ◇  ◇  ◇

 この日本には1万人以上のAV女優がいて、女性もエッチ好きはいる。茨城県教育委員会の調査(2015年=中2、高2生対象)によると、女子生徒の1.3%が援助交際を経験済みで、出会い系サイト利用者は2.3%。数年後、少なくない割合でパパ活に励んでいる女性がいることが分かる。猛暑の街では薄着の女性が目立っているが、その女性たちが夜はさらに薄着であなたを待っている……かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  7. 7

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    ZOZO選手権日本惨敗 なぜ米ツアープロと対等に戦えない?

  10. 10

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

もっと見る