シカの角は性感帯? 動物も行うマスターベーションの知識

公開日: 更新日:

 目的は性欲の解消だけではない。アメリカの霊長類学者のC・R・カーペンターが、アカゲザルの集団を調査したところ、メスとよく交尾をしているオスほどマスターベーションをしていたという。“相手がいない”からではなく、交尾の準備のために行うという。

「イギリスの動物学者のロビン・ベイカーも、マスターベーションとは古い精子を追い出し、発射最前線を新しくて生きのいい精子で置き換える作業であると結論づけています」

 交尾のときも風変わりな行為が見られる。

「ボノボ(霊長類)は、若いオスの勃起したペニスを大人のオスが愛撫します。メス同士で性皮(大陰唇)をこすりあい、お互い興奮するとともに絆を深める“ホカホカ”というものもある。また、コバナフルーツコウモリは、メスが交尾中にオスのペニスの外に出ている部分をフェラチオして、元気づけ、交尾時間を延ばすのです」

 動物園や水族館に行ったら注目して見てみては?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  6. 6

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  7. 7

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  8. 8

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  9. 9

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る