玉袋筋太郎直撃インタビュー<上>スナック文化を守り切る!

公開日: 更新日:

 東京・赤坂で「スナック玉ちゃん」を経営する芸人の玉袋筋太郎さんは、加盟店約5000軒の一般社団法人・全日本スナック連盟会長の顔を持つ。コロナ禍の緊急事態宣言が続くなか、「夜の街応援プロジェクト」に取り組み、スナック文化を守ろうと格闘中だ。その思いをあますことなく語ってもらった。

 ――緊急事態宣言が延長されました。お店の近況はいかがですか。

玉袋 近況も何も、1月の緊急事態宣言発令からずっと閉めていますよ。うちは午後8時開店だから、開けようがない。延長は織り込み済みだったけど、やっぱりなあって感じですよ。

 ――1日6万円の協力金の不公平性が問題になっています。いろいろと言われるのではないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る