高齢者が個人消費の主力という不健全

公開日: 更新日:

 個人消費の高齢者頼みが鮮明になっているようだ。政府の家計調査によると、年間280兆円規模の個人消費のうち、60歳以上の世帯が占める割合は46.6%。個人消費のほぼ半分は高齢者という姿である。

 数年前から「団塊の世代」が60歳を越えてきた。高度成長期に日本経済に参入し、追い風の中で高齢期を迎えた世代だ。

 蓄えがある上に年金の受給も始まれば、買いたい物を買える。総人口が減り続けている中、頭数の多い世代がウエートを占めることも不思議ではない。

 問題は、それより若い世代である。高齢者が主力になっている要因は、頭数だけではないだろう。リタイアした世代に比べて、現役世代の暮らしぶりは厳しい。小泉竹中構造改革によって、労働規制を次々と取り払い、なんでもかんでも合法化していった結果、ワーキングプアがあふれるようになった。期間雇用でも非正規労働でもいいから、とにかく仕事にありつきたい。そんな考えを強いられる人たちが市場にあふれている。30代後半までの社会人は、悪政の犠牲になってきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る