“ワンみずほ”のはずが5分裂 加速する「みずほFG」派閥抗争

公開日: 更新日:

 マル暴融資で揺れたみずほFGは、今月24日の株主総会で委員会等設置会社に移行。社外取締役を6人に倍増し、取締役会議長に元経済財政相の大田弘子・政策研究大学院教授を起用してガバナンス強化を図るという。だが、取締役会に手を付けても、この銀行の体質はそう簡単には変わらない。“お家芸”の派閥抗争が、むしろ悪化しているからだ。

「昨年7月に、みずほ銀行(BK)とみずほコーポレート銀行(CB)が合併。『One MIZUHO(ワンみずほ)』の旗印を掲げて行内融和が叫ばれました。あれから1年。行内はいまや5分裂になり、ワンバンクどころか5バンク(ファイブバンク)状態です」(関係者)

■「F」「D」「I」に加えて「B」「C」

 2000年に旧富士銀(F)、旧第一勧銀(D)、旧興銀(I=英語名のINDUSTRIAL BANKの略)の3行統合で発足したみずほは、長年たすき掛け人事を続け、3派閥が激しい人事抗争を繰り広げてきた。くだんのマル暴融資が放置された背景にも3派閥の権力争いがあったと言われたものだが、これに新たに「旧BK」「旧CB」の2派閥が加わり、5分裂になっているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る