人不足&高齢化で争奪戦も パイロットの笑いが止まらない

公開日: 更新日:

 今年の官製春闘は、マイナス金利バズーカによる円高・株安のせいで、盛り上がりに欠ける。自動車大手労組のベア要求額はトヨタ、日産、ホンダとも月3000円。いずれも前年実績を下回る一方で、景気がいいのがパイロットだ。

 日本航空が今年4月から、パイロットの給与を年100万~200万円引き上げる――と報じられた。日航パイロットの昨年3月期の平均年収は1636万円と、普通のサラリーマンならタメ息が出そうな額だが、それでもライバルの全日空に比べたら300万円ほど安いという。

 理由ははっきりしていて、パイロット不足だから。単純に売り手市場というわけだ。航空需要の高まりで、2030年には世界的に現在の2倍以上のパイロットが必要になるとされる。

「いわゆる『2030年問題』です。アジア・太平洋地域ではそれが4.5倍とみられている。とりわけ日本は、バブル期に大量採用したパイロットが一斉退職するだけに深刻です。すでに壮絶なパイロット争奪戦が繰り広げられており、日航では14年度に約30人のパイロットが転職などで退社した。中国の航空会社の中には、年収4000万円以上を提示するところもあるそうです」(国交省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

もっと見る