人不足&高齢化で争奪戦も パイロットの笑いが止まらない

公開日: 更新日:

 今年の官製春闘は、マイナス金利バズーカによる円高・株安のせいで、盛り上がりに欠ける。自動車大手労組のベア要求額はトヨタ、日産、ホンダとも月3000円。いずれも前年実績を下回る一方で、景気がいいのがパイロットだ。

 日本航空が今年4月から、パイロットの給与を年100万~200万円引き上げる――と報じられた。日航パイロットの昨年3月期の平均年収は1636万円と、普通のサラリーマンならタメ息が出そうな額だが、それでもライバルの全日空に比べたら300万円ほど安いという。

 理由ははっきりしていて、パイロット不足だから。単純に売り手市場というわけだ。航空需要の高まりで、2030年には世界的に現在の2倍以上のパイロットが必要になるとされる。

「いわゆる『2030年問題』です。アジア・太平洋地域ではそれが4.5倍とみられている。とりわけ日本は、バブル期に大量採用したパイロットが一斉退職するだけに深刻です。すでに壮絶なパイロット争奪戦が繰り広げられており、日航では14年度に約30人のパイロットが転職などで退社した。中国の航空会社の中には、年収4000万円以上を提示するところもあるそうです」(国交省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る