ゴキブリ問題で炎上 はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

公開日: 更新日:

 ツナ缶のトップブランド「シーチキン」(はごろもフーズ=本社・静岡市)にゴキブリが混入していたことが27日発覚し、大騒ぎだ。

 ゴキブリが混入していたのは、14年12月に製造されたシーチキンLフレークで、スーパーで購入した山梨県甲府市の50代女性が今月13日に届け出た。社内調査の結果、製造過程で混入したことが分かり、18日に同社の担当者が女性に謝罪したというが、それ以降の対応がまずかったようだ。

「はごろもフーズがマスコミの取材に対し、公表や自主回収などの対応をとらない考えを示したことで、ネット住民が『不誠実だ!』などと、猛烈な勢いで不買運動をあおるような書き込みを始めている。一気に炎上するかもしれません」(食品メーカー関係者)

 はごろもフーズといえば、昨春、副社長だった池田憲一氏(39)が社長に就任したばかり。池田社長は慶大卒、三菱商事出身で、創業家の後藤康雄会長の娘婿とピカピカの経歴の持ち主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る