旅行予約術「JR東海ツアーズ」なら日帰りも1泊もほぼ同額

公開日: 更新日:

 国内旅行は、ネットの代理店や航空会社のサイトを利用すればいいが、工夫次第でかなり安く楽チンになる。

 たとえば、月曜日の午前中に大阪の得意先への日帰り出張が決まったとする。普通なら、アポの時間から逆算した東海道新幹線のぞみを予約するだろう。しかし、日曜日に前乗りしてホテル代を加味しても、日帰り料金とほぼイコールなプランがあるのだ。

 JR東海ツアーズの「WEB限定 11・12月出発限定セール 大阪1泊シングル」で最安値のニューオーサカホテルを選んだ上で、追加料金なしのこだまなら2万1900円。往復のぞみの「日帰り1day大阪」の2万500円とほぼ同額だからスゴイ。

「片道4時間のこだまは面倒」といっても、ビールを飲んで、本を読んだりすればあっという間。出張を口実に日曜日の家族サービスをパスすれば、大阪に着くころは、梅田の夜が盛り上がっている。「帰りは会社に戻るからなるべく早く」という事情なら、追加料金でのぞみも選択できる。時間帯によっては、のぞみの追加料金は3000円で済む。

 ネットの代理店やポータルサイトの最安値は一見、オトクに見えても、いま一度チェックすると、もっと充実したプランが見つかるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る