40代2人世帯は800万円…気になる世代別“貯蓄額”の実情とは

公開日: 更新日:

 家計関連の取材をしていると、「他の人はいくらくらい貯蓄しているのですか」と逆に質問されることがある。他人の貯蓄額が気になるようだ。

 データがある。金融広報中央委員会の「2018年家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯/2人以上世帯)の年齢別貯蓄額だ。家計調査では「平均値」と「中央値」の2つの数字がある。ここでは、極端に貯蓄残高が多かったり少なかったりする世帯の影響を受けにくく、より実態に近い「中央値」の数字でこれを明らかにしたい。

 まず、20代の単身世帯の貯蓄額は85万円。2人以上世帯では250万円だ。20代は、積立金額は少額でもいいので、目標額を決めて、給与天引きをするなど貯蓄の習慣を身につけておきたい。

 30代になると貯蓄額も殖える。単身世帯で250万円、2人以上世帯では500万円である。「そんなに貯めてない」という30代独身、夫婦がいたら、家計の見直しは必至だ。30代は給料も増える世代であり、結婚して子供が生まれても、教育費はさほどかからない時期でもあり、貯蓄しやすい世代なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る