櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

「グレイステクノロジー」日本のモノづくりを変えていく

公開日: 更新日:

 グレイステクノロジー(6541)の立ち位置が変わってきた。マニュアル制作・管理に特化したクラウド・サービスである「e―manual」「GRACE VISION」の企画、開発、運営が中核。これだけでは「取扱説明書の翻訳?」みたいに思えてしまうが、その実態はスゴいの一言。

 正確で統一感のあるマニュアル作成、コストダウン(平均4分の1程度に削減)、制作時間短縮の効率化など、使用企業のメリットは大きい。高利益体質を維持しながら、利益率の向上に取り組んできたのが歴史だ。

「理由のいかんを問わず、約束したものは何が何でも守る」「プロとしての道を追求し、究めるものである」などの行動指針は孤高でありながらプロの道の姿勢。だからこそ顧客からの信頼は高く、日本の大手ものづくり企業が軒並み同社のクライアントだ。

 業績は絶好調で前期(19年3月期)は2ケタの増収増益、第4四半期の営業利益率は52.6%と驚異的。通期でも37・7%だった。ユーザーからの問い合わせの増加と従来の「使えない」マニュアルへの対処、ベテラン社員の減少などを背景に今期も明るい見通し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る