銀行のAIが融資先のSNSまで監視する日が将来やってくる

公開日: 更新日:

 平成の30年間、職場で「IT化」が進んだ時代だとすれば、令和は「AI化」が浸透する時代になるのは間違いない。とりわけ、金融機関での進行度は顕著。先駆けとなっているみずほフィナンシャルグループは、「AIを使って業務を効率化し、2024年度までに(行員を)2割減らす」と発表している。今後、“AI行員”という名の有能な同僚がどんな仕事を担当するのか、可能性を探った――。

  ◇  ◇  ◇

 すでに、金融機関でのAI化の波は目に見えるところでも着々と進んでいる。銀行のチャットボット(チャットとロボットの造語)の導入や、印鑑を使わずに口座開設や引き出しができるペーパーレス支店の登場などは最たる例だろう。

 コレだけじゃない。たとえば、大手都銀の研究員は、日本銀行とのワークショップでユニークな可能性を指摘している。「SNS書き込みを解析し、取引先に関わる注意すべき情報を抽出する」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る