健康なら保険料割引き お得なプラン続々の背景とカラクリ

公開日: 更新日:

 銀行の融資や住宅ローンの審査は今後、AIに移行するとみられている。

 それにつれて、金融各社は支店の統廃合を急ぐ。AIは“リストラの道具”として語られることが多いが、悪いことばかりではない。そのひとつが、生命保険だ。

 保険業界では、喫煙の有無やBMIの値、血圧などの条件で保険料が決まる商品があった。それが、さらに進化しているのだ。

 話題になったのは、昨年7月に販売された住友生命の健康増進型保険「Vitality(バイタリティ)」だ。南アフリカの金融サービス会社ディスカバリーが蓄積した病気と死亡率に関するビッグデータを分析してつくられたプログラムで、2年目以降は健康増進への取り組みに応じて判定されるステータスによって、保険料が割引・割り増しされる仕組み。

 ステータスは4つあり、最も健康的なランクをキープし続けると、保険料が最大30%引きに。しかし、最も不健康なランクに低迷したままだと10%もアップする。そのサジ加減を分析したのがAIというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る