小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

スバル流お手軽ハイブリッドe-BOXERは意外にもEVっぽい?

公開日: 更新日:

スバルXV Advance(282万9600円・税込み)

 昨年スバルのコンパクトSUV、XVに追加された個性派ハイブリッドに乗ってみた。車名はXVアドバンス。「e-BOXER」と名付けられた独自パワーユニットを初搭載したのだ。

 そもそもXVは同社の人気ハッチバック、インプレッサから派生した車種で、新世代骨格のスバル・グローバル・プラットフォーム採用。高いボディ剛性がもたらす骨太なハンドリングや、ドロドロ個性的なサウンドを発揮する水平対向エンジンが人気で世界中のスバルファンから支持されている。

 そんな個性派スバルだけに、いわゆるトヨタ的な優等生ハイブリッドを期待してはいけない。エンジンは2ℓ4気筒でピークパワー&トルクは145ps&188Nm。かたや組み合わされるモーターはわずか13.6ps&65Nm。パワーにして約10分の1。モード燃費にしろ同じ2リッターエンジンを搭載するガソリン仕様が16.0km/ℓなのに対し、e-BOXERは19.2km/ℓ。

 良くはなっているものの、ホンダ流2ℓハイブリッド搭載のCR-Vが平気で25km/ℓを超えてくることを考えると大したことはない。スバルスタッフも「ウチは決して燃費狙いじゃありません。電動ならではの走り味です」と正直に吐露。果たして燃費にさほど貢献しないハイブリッドってどうなのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る