日本は先進国で最低…女性役員を増やす「30%クラブ」始動

公開日: 更新日:

 企業の女性取締役を3割まで増やす「30%クラブ ジャパン」が動きだしている。「30%クラブ」は、東証1部TOPIX100社の女性役員比率を2020年に10%、30年で30%まで増やすことを目標とする。

「30%クラブ」はもともと10年に英国で創設され、企業の意思決定機関に女性が増えることで、企業のガバナンスの強化や成長につながると、これまで日本を含め14カ国で展開されているキャンペーンだ。会長に就任した資生堂の魚谷雅彦社長は設立の際、こう述べている。

「日本のジェンダーギャップの問題は深刻で、これに真剣に取り組むことは、日本の企業トップとして極めて重要なミッションであると考える」

 同クラブには資生堂のほか、味の素、日立製作所など大手企業のトップをはじめ大学教授や機関投資家が賛同し、37人が名を連ねている。中心となる資生堂では社会活動本部を新設し活動を後押しする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る