日本は発展しているけれど「女性活躍社会」はこれから

公開日: 更新日:

アリナさん(モンゴル出身)<1>

 ずっと日本は、ロボットとビルの国だと思っていました。日本を紹介するモンゴルのテレビ番組で、ロボットコンテストやロボット犬の話題が多かったから、日本に行けばアイボとかペッパーがいっぱい歩いているという印象でした。

 日本に来てみたら、テクノロジーや高層ビルはもちろんですが、自然や緑も多くて驚きました。日本は自然も大事にしながら、発展してきた国ということがわかりました。

 またモンゴルでは、お祭りの日しか人がいっぱい集まらないですが、日本は人口が多いので新宿や渋谷はいつもお祭りのようで、みな食べ歩きや飲み会などをしたり豊かだと思います。それも経済発展の原因のひとつだと思いました。モンゴルでは特別な記念日くらいしか出かけはしないですね。

 でも、日本は遅れているなと思う部分があります。それは女性の活躍です。日本では、会社や政治などで活躍する女性の比率は少ないと思います。結婚後は専業主婦になる女性が多く、キャリアを重視する女性は少ないです。女性たちの意見が多面的な部分で社会や国の政策にしっかり届いているかどうか疑問に思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る