韓国ドラマのリメイク版が日本でヒットしない決定的な理由

公開日: 更新日:

 今年の夏クールも、韓国ドラマが原作のリメイクドラマが目白押し。唐沢寿明(56)と真木よう子(36)がタッグを組み、緊急指令室を舞台に事件の解決を図る「ボイス 110緊急指令室」、大森南朋(47)が天才法医学者を演じ、残された遺体から真実を導き出す「サイン」(テレビ朝日系)。そして、三浦春馬(29)が病気を患う娘の父親役を熱演するアクションドラマ「TWO WEEKS」(関テレ・フジテレビ系)。すべて、韓国ドラマが原作だ。

 昨今、韓国ドラマを原作としたリメイク版ドラマが増加傾向にある。昨年放送された分でも、山崎賢人(24)主演の「グッド・ドクター」(フジテレビ系)、坂口健太郎主演の「シグナル」(関テレ・フジテレビ系)、2017年には長瀬智也(40)主演の「ごめん、愛してる」(TBS系)、16年には中島裕翔主演の「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(フジテレビ系)といった、多くの韓国ドラマが日本でリメイクされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    五輪延期で浮上する嵐活動休止の延長 NHKはナビ継続を切望

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

もっと見る