札幌は11%の伸び 商業地の基準地価が地方で上昇した秘密

公開日: 更新日:

 国土交通省が9月19日に公表した2019年の基準地価は、地方都市の商業地の地価が28年ぶりに上昇した。特に札幌市、仙台市、広島市、福岡市の地方4市の住宅地、商業地が大きく上昇し、3大都市圏平均の上昇率をいずれも大きく上回った。これまでの首都圏一極集中から地方へと、地価上昇が徐々に広がってきた。

 一方、地方4市を除く他の地域では住宅地、商業地とも下落幅の縮小傾向が継続され、地方の二極化も進んでいる。

 東京圏では住宅地は前年比1・1%の伸びと堅調だが、商業地は同4・9%上昇し地価を押し上げた。

「商業地は銀座など一等地の伸び率が鈍化する一方、その周辺の台東区(14・4%)、北区(9・8%)、墨田区(8・1%)の上昇が目立っています。インバウンド需要で観光客が増加し、さらに交通インフラの整備や再開発事業が進んだことが地価上昇の背景です」(ニッセイ基礎研究所金融研究部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る