東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

公開日: 更新日:

 早くも「年内2万5000円!」の声が飛んでいる。株価の急騰に兜町は大ハシャギである。

 13日の日経平均株価は、午前中から上昇し、終値も前日比598円29銭高の2万4023円10銭と2万4000円を突破した。終値の2万4000円台は1年2カ月ぶり。今年最大の上げ幅となった。銘柄の72%が値上がりしている。

 株価上昇について、株式アナリストの藤本誠之氏はこう言う。

「世界経済への期待が大きな理由でしょう。米中貿易交渉が大筋合意し、さらにイギリスの総選挙が終わり“EUからの合意なき離脱”が起きる恐れが、ほぼなくなった。その結果、大型株を中心に買われています」

 この先、新興市場マザーズは、年末の新規株式公開(IPO)ラッシュとなる。上場後の株価が順調な銘柄が相次げば、個人投資家の含み益が膨らみ、市場全体が明るくなるとみられている。もちろん、足元の日本経済は悪化しているだけに、株価急落のリスクも消えていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る