東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

公開日: 更新日:

 早くも「年内2万5000円!」の声が飛んでいる。株価の急騰に兜町は大ハシャギである。

 13日の日経平均株価は、午前中から上昇し、終値も前日比598円29銭高の2万4023円10銭と2万4000円を突破した。終値の2万4000円台は1年2カ月ぶり。今年最大の上げ幅となった。銘柄の72%が値上がりしている。

 株価上昇について、株式アナリストの藤本誠之氏はこう言う。

「世界経済への期待が大きな理由でしょう。米中貿易交渉が大筋合意し、さらにイギリスの総選挙が終わり“EUからの合意なき離脱”が起きる恐れが、ほぼなくなった。その結果、大型株を中心に買われています」

 この先、新興市場マザーズは、年末の新規株式公開(IPO)ラッシュとなる。上場後の株価が順調な銘柄が相次げば、個人投資家の含み益が膨らみ、市場全体が明るくなるとみられている。もちろん、足元の日本経済は悪化しているだけに、株価急落のリスクも消えていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る