【日本郵船vs商船三井】米国とイランの軍事衝突が懸念材料

公開日: 更新日:

 米国とイランの関係が緊迫しています。米軍はイランの司令官を殺害し、イランは報復をにおわせています。このまま緊迫状況が続けば、ホルムズ海峡を航行する船舶が攻撃対象になる恐れも出てくるでしょう。今回は日本を代表する海運大手の「日本郵船」と「商船三井」の社員待遇を比較してみます。

 両社にとって海の安全は重要です。業績にも直結してきます。

 日本郵船は1885年に創設された船会社で、海上運送を中心に国際的な総合物流事業を手掛けています。「飛鳥Ⅱ」などの客船事業も運営する三菱財閥系の会社です。

 商船三井は、日本郵船、川崎汽船と並ぶ海運会社で、売上高の90%以上が海運事業となっています。特に液化天然ガス(LNG)船に強みを持っています。設立(大阪商船)は1884年で、1964年に三井船舶と合併し大阪商船三井船舶となりました。99年にはナビックスラインと合併して、現在の商船三井になっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る