小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ダイハツとの最強タッグ トヨタ・ライズは売れて当たり前

公開日: 更新日:

トヨタ・ライズ(車両価格:167.9万円/税込み~)

 2020年、もしや国内マーケットで台風の目になるのはこの小さなSUVかもしれない。その名もトヨタ・ライズ! 昨年11月に発売され、当月はいきなり国内月販ランキングで4位、12月は2位に入った。

 人気の秘密は明らかで、事実上の国内専用コンパクトSUVであること。既存人気のホンダ・ヴェゼル、トヨタC-HRの両SUVにしろ、世界戦略車で全幅1.7m超え。しかしライズはいまどき珍しく全長4m弱、全幅1.7m弱の5ナンバーサイズで、それでいてイマドキのSUVらしいデザインと性能を備えているのだ。

 現在、5ナンバーSUVはスズキのイグニスとクロスビーしかなく、ライバル少なめ。しかも、ネットワーク日本一のトヨタの販売店で取り扱うので、売れるのも当然。いま日本全国でカンタンに買える唯一の国内最適サイズのSUVと言えなくもないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る