黒田総裁がダボスでポロリ…実質GDPはマイナス成長へ

公開日: 更新日:

 景気は「緩やかな拡大」じゃなかったのか――。日銀の黒田東彦総裁は24日、スイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラムのパネル討論会で発言。日本の2019年10~12月期の実質GDPについて、マイナス成長に陥った可能性を指摘した。要因として、10月の台風19号や消費増税の悪影響を挙げたが、よく言うよ。

 20~21日に開いた金融政策決定会合で日銀は現在の大規模金融緩和の維持を決めた。会合後の記者会見で黒田総裁は、景気の現状について「基調としては緩やかに拡大していると判断しました」と言い、消費増税の影響についても「消費の減少というのは一時的なもので、個人消費の増加基調は維持されている」と余裕しゃくしゃくだった。

 マイナス成長が示す通り、日本経済は緩やかな拡大どころか、確実に「後退」している。デタラメ金融政策だけでなく、黒田総裁の発言も全く信用できなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る