キューサイ 神戸聡社長<1>看板商品から「青汁」抹消を決断

公開日: 更新日:

 キューサイといえば青汁の会社。そう思う方が多いのではないだろうか。しかし、この1月からキューサイ株式会社は看板商品「ケール青汁」のブランド名を「THE KALE(ザ・ケール)」に変更した。キューサイの代名詞ともいえる「青汁」の名をなくしてしまったのだ。

 今回の改革を率いたのは代表取締役社長の神戸聡氏。2017年に社長に就任して間もなく、「“青汁だけの会社”というイメージこそが会社の成長の妨げになる」と改革に着手した。神戸氏の手腕はどのようにして磨かれてきたのか。その半生をたどってみよう。

 1969年、母親の郷里である愛知県小牧市で生まれた神戸氏は、大手の非鉄金属メーカーに勤めていた父の仕事の関係で国内を転々とする幼少期を送った。

「鉱山がある土地に赴任するので、民家もまばらな山深いところばかりでした。一緒に遊ぶ友達が周りにいなくて、クリスマスにサンタさんへ『弟が欲しい』とお願いしたことを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る