遠野醸造 太田睦代表取締役<1>ダメな京大生が絶頂のNECへ

公開日: 更新日:

「太田さん、会社辞めて元気になりましたね」

 サラリーマン時代の元同僚たちから、今はこんなふうに言われるそうだ。

 元同僚たちは皆、太田が造るビールを飲むために、岩手県遠野市まで足を運んでくれる。

 クラフトビールを手掛ける「遠野醸造」は、2017年11月に設立。翌18年3月、醸造免許を取得してビールの生産を開始した。同5月には、醸造施設に併設するビアレストランをオープンさせ、「おかげさまで初年度から黒字です」と胸を張る。

 JR釜石線の遠野駅前にある同社で、太田は代表取締役・醸造責任者を務める。川崎市麻生区の自宅には、たまにしか帰らない。新幹線は使わず、“愛車”のホンダVTR250にまたがり、東北道を爆走して行き来する。

 もっとも、“民話の里”として知られる遠野市とは縁もゆかりもなかった。さらに、ビールとは関係のない数理工学が専門で、博士号も持つ。そんな元サラリーマンが、どうして“今”に至ったのか。そこには、激動を駆け抜けてきた男の“生きざま”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る