杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

中国に支えられる日本経済 上げ潮ムードに水差す米中対立

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの世界の感染者数は3400万人を超え、死者は100万人を突破している。死者はアメリカが20・9万人、ブラジルが14・6万人、インドが10・2万人と飛び抜けて多い。この3カ国が4割強を占めている。人の移動を含め、経済活動の再開を急ぎすぎたツケだと思う。

 とはいえ、主要国の製造業の景況感が急改善を示しているのは確かである。感染防止策と景気浮揚の兼ね合い(両立)は難しい。結局、どちらかを犠牲にするしかないのだろうか。ちなみに、中国の製造業の景況感を見ると、2月を底にV字形の回復を見せている。次いでアメリカ、ユーロ圏が4月に底打ち、日本は5月にボトムアウト。日本は中国の“好調”に支えられている。

 中国は自動車販売の復調が著しい。自動車のナンバープレートの発給緩和、購入補助金の支給などの効果が指摘されている。自動車販売は昨年末の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を上回っているという。こうした状況を背景に、製造業の設備投資は活発だ。日本の中国向け工作機械受注が7月に前年同月比50%増と急伸したのは自動車業界の設備増強を反映したものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る