これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査<2>

公開日: 更新日:

今期は10年ぶりマイナスへ

 コロナ禍で業績を悪化させる企業が増え続けている。年収カットに踏み切る大手も続出だ。この先、サラリーマンの給与はどうなるか。東京商工リサーチのまとめによると、2020年3月期「上場企業1803社の平均年間給与」は630万5000円だったが……。

「今後は厳しいと言わざるを得ません。20年3月期まで9年連続で上昇を続けていましたが、今年は賞与や残業代の減少が目立ちます。上昇は途絶える可能性が高いでしょう」(東京商工リサーチ情報部の坂田芳博氏)

 20年3月期の平均給与は総合商社や放送局、不動産、製薬などが上位を占めた。業界別トップ5を見ると、総合商社と放送局はすべて1000万円超だった。

【銀行】トップ5は例外なく1000万円を超えている。ただ、意外にも新潟地盤の第四北越FG(1165万円)と、茨城・栃木地盤のめぶきFG(1157万円、傘下に常陽銀行、足利銀行)がランクインしている(別表参照)。メガバンクの一角、みずほFGはランク外の967万円だった。

コロナ禍で業界は二極化

【証券】野村HD(1313万円)と大和証券グループ本社(1014万円)が大台超え。ネット証券大手のSBI証券を抱えるSBIHD(839万円)は4位に付けた。

保険東京海上HD(1245万円)、SOMPO HD(1106万円)など4社が1000万円超。4位のアニコムHD(1003万円)はペット保険の草分けで業界首位だ。

【建設】鹿島(1134万円)、大林組(1057万円)、大成建設(1010万円)、清水建設(1006万円)と大手が上位を占めている。

【自動車・部品】トヨタ自動車(865万円)がトップ。「この業界は従業員の裾野が広く、平均給与は低くなりがち」(市場関係者)だという。カルロス・ゴーン前会長の事件に揺れ、業績を悪化させた日産自動車(810万円)は4位だった。

【電機】は計測制御機器のキーエンス(1839万円)以下、トップ5は1000万円を超えている。

 ◇  ◇  ◇

「今期(21年3月期)は業界ごとのバラつきが激しくなりそうです。コロナ直撃で業績悪化の著しい企業と、反対に巣ごもり需要の恩恵を受ける業界の二極化となりそうです。ただ、全体としてはマイナスの影響が避けられず、今期の平均給与は600万円に届くかどうかだと思っています」(坂田芳博氏)

 2014年の平均給与は592万円だった。この水準に逆戻りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る