山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

トランプ政権下の逆風収まり「テラプローブ」はV字回復へ

公開日: 更新日:
「テラプローブ」の株価チャート(C)日刊ゲンダイ

 半導体関連株の人気に拍車がかかってきた。きっかけは今月6日の米上下両院合同会議で、バイデン次期大統領が正式に承認されたこと。この会議の最中に、トランプ支持者が議事堂に乱入したことで、世界の注目を集めた。

 半導体産業で米国を猛追していた中国に、トラ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る