「円安」はどこまで進む…ワクチン購入が加速の原因か?

公開日: 更新日:

「円安」が進んでいる。対ドルだけでなく“円全面安”の様相だ。

 先週17日の外国為替市場で円は1ドル=106円台前半と5カ月ぶりの円安・ドル高水準となり、対ユーロでも1ユーロ=128円台半ばと2年2カ月ぶりの円安水準をつけた。英ポンドに対しても1ポンド=147円台半ばと1年2カ月ぶり、豪ドルでも1豪ドル=82円台前半と2年2カ月ぶりの円安となった。

 足元も、1ドル=105円台、1ユーロ=127円台となっている。

 市場では、新型コロナウイルスワクチンを輸入するため「円安」が加速したとみられている。17日付の日経新聞も「ワクチン調達、円安の思惑」と報じている。日本政府は、米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナから、ワクチンを購入する契約を結んでいる。日経新聞は、この3社に支払う金額を3000億~4000億円規模と試算している。外国企業に費用を外貨で支払うため円を売る必要があり、円安が進むという解説である。ワクチン輸入によって円安は進むのか。どこまで下げる可能性があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  9. 9

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る