重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

日経が報じた日産自動車「スカイライン開発中止」の真相は

公開日: 更新日:

 高い速度性能がユーザーの支持を集める一方で“族車”などと揶揄する向きもあった日産自動車のスポーツセダン「スカイライン」。日産の現行車種の中で最も長い歴史を持ち、良くも悪くも日産を象徴するクルマだ。

 そのスカイラインの次期車の開発中止を日本経済新聞が報じたのは6月12日のことだった。すでに部品メーカーなど主要取引先に兄弟車とされる「フーガ」や最上級セダン「シーマ」など国内セダン3車種とともに開発中止の意向を通達。国内セダン市場から全面撤退する可能性もあるという。

 世界的なセダン離れが加速しているうえ、業績不振が続く中、限られた経営資源を電気自動車などの次世代車や米国などで人気の高い大型SUV(多目的スポーツ車)の開発に集中させる狙いがあるとされた。

■副社長は「諦めません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る