大阪糖菓 野村しおり社長<3>金平糖は1日1ミリ、2週間かけて完成させます

公開日: 更新日:

 自らを「フロイスしおり」と名乗り、金平糖の普及活動に南蛮人のコスプレをして臨む野村社長。このコスプレ商法とも言われる伝統芸(?)は父親で先代社長の野村卓会長から受け継いだもの。

 卓会長も「フロイス」を名乗っていたが、次期社長であるしおりさんにその名を託し、自らは「フラット野村」に改称した。ちなみに、「フロイス」は安土桃山時代に実在したポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの名に由来。1569年、織田信長に南蛮菓子の「コンフェイト」(砂糖菓子)を献上したことから「金平糖の祖」といわれている人物だ。

 実は筆者は、10年前にも社長時代のフラット野村こと卓会長を取材しており、その時も南蛮人のコスプレで歓迎してもらった。

「コンペイトウミュージアムの来館は子供さんが多いのですが、背広にネクタイ姿だと何か距離感がありまして。そこで南蛮服への変装をはじめたところ、評判が良くすっかり正装になりました。以来、毎日のように南蛮衣装を身につけ、お客さまの前で歴史紙芝居をやっています」とは当時の卓会長の弁だ。

 卓会長がここまで金平糖にこだわるのは、伝統の菓子を守りたいという熱意からだ。

「伝来から450年以上の歴史を持つ金平糖は皇室の引き出物やひなまつりの菓子、非常用の乾パンに同梱されるなど、日本の生活文化に深く浸透してきました。回転釜の中で1日に1ミリずつ成長させ、2週間かけて完成させる製法は明治から大きくは変わっていません。夏場の工場は50度にもなりますが、丁寧に蜜をかけないとあの形にはならない。ですが、昨今の砂糖離れやダイエット志向が逆風となり、国内メーカーは減り続けている。このままでは伝統の味や技術が途絶えてしまいます」(卓会長)

 その熱意は、新商品開発にも及ぶ。誰もが一度は目にしたことのある「あじさいの栞」がその代表作。これは色とりどりの金平糖をあじさいに見立て、透明のフィルムに丸くラッピングして葉っぱを取り付けたもの。全国のあじさい園など観光地で人気になっている。そんな卓会長の行動の原動力は大阪人らしく、「1回でも笑ってもらえたら存在価値がある」。

 直径1ミリの「世界一小さな金平糖」「60分キャンディー」など、ユニークな商品はこの精神から生まれた。最近まで本社のある八尾工場に併設されたミュージアムで「国王」として来訪者を出迎えていたが、その精神は娘で現社長のフロイスしおりこと、野村しおり社長に引き継がれている。=つづく

(取材・文=中森勇人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”